医療法人社団やまと やまと在宅診療所大崎

〒989-6115

宮城県大崎市古川駅東3-1-21

0229-91-8981

FAX 0229-91-8982


やまとについて

TOP | やまとについて |

「その人らしく生きる」を
支える医療を

私たちは、一人ひとりの患者様が最期まで「その人らしく生きる」ことを支えていきます。そのためにも、私たちの仕事は、まず患者様とご家族のお話をじっくりと伺う所から始まります。そして、地域の方々が希望する環境で希望する医療を受け、「その人らしく生きる」ことができ、安心して暮らせる地域をつくっていくことを目指しています。

やまとの取り組み

全員参加型の医療
「Open Medical Community(OMC)」

患者様ご本人、ご家族、地域の医療介護に関わる方々のみならず、 同じ地域に住まう人々や行政なども巻きこみ皆で考えて取り組む、 「Open Medical Community(オープンメディカルコミュニティ:OMC)」 と名付けた全員参加型の医療活動をしています。

沿革

2011 東日本大震災をきっかけに結成された医療支援チームをベースとして、2013年4月に宮城県登米市と東京都板橋区高島平の2カ所で、それぞれ在宅医療を中心に行う診療所を開設しました。
2015 2つの診療所がそれぞれ法人化し、「やまと診療所登米」が「医療法人社団やまと」として診療を開始。同年10月より、事業継承が困難で、地域内での医療の担い手が不足傾向にあった、神奈川県横浜市港北区日吉にある「日吉慶友クリニック」を事業継承しました。
2016 4月に日吉慶友クリニックに在宅診療部、5月には神奈川県川崎市に「やまと診療所武蔵小杉」を開設。 11月より宮城県大崎市に「やまと在宅診療所大崎」を開設いたしました。やまとは今後も質の高い地域医療・介護を提供するために積極的な事業展開を行っていきます。

院長あいさつ

院長 大蔵 暢院長 大蔵 暢

2013年から宮城県登米市で地域医療を展開してきた「やまと在宅診療所」が、このたび新しい診療所を大崎市に開設させていただきます。高齢患者様をさまざまな角度から包括的に診る「老年医学」を専門とする私と経験豊かなスタッフが、老いや病い、障害を抱える患者さんとそのご家族を心身の両面からサポートいたします。そして近隣の医療機関や介護事業所と連携して住み慣れたこの地域でより長く、より良く、そしてより自分らしく生きるためのお手伝いをさせていただきます。

「やまと」が提唱する市民が参加する健康地域づくり(オープン・メディカル・コミュニティ)をここでも実践します。どうぞよろしくお願いいたします。

スタッフ

  1. 先生

    看護師富澤あゆみ

    安心してご自宅に戻れるよう退院する患者様の調整を行い、お家でも病院と変わらない質の医療を提供します。がん患者様をはじめ、皆様が住み慣れた場所で生き生きと過ごせるようにお手伝いさせて頂きます。

  2. 先生

    管理栄養士山口絵里

    管理栄養士として診療サポートのほか、栄養指導や調理実習を行っています。地域での健康教室や登米のカフェでのメニュー考案の経験を活かし、大崎でも患者様の生活に合わせた食支援を行っていきます。